• 大人女子のお悩み別化粧品紹介サイトです

    人は意外と見ていないもの

    私が脱ステロイドによるリバウンド中、顔の酷い赤みや腫れを人に絶対に見られたくない、会いたくない、聞かれたくない、でも職場に行かなきゃいけないし・・・という思いで毎日重い気持ちで仕事に行っていました。

     

    脱ステを行っていた時には、すごく仲のいい友達に会うこともなく、家族にすら会うこともなく、極力人目を避けていました。会うのは会社の人だけという生活を長期間続けていました。

     

    本当は、会社に行ける状態ではなく入院を勧められたのですが、無計画に脱ステを始めてしまったことと、一人暮らしをしていたことで、働きながらなんとか脱ステを続けました。

     

    肌荒れ時に何がつらいかというと、痒い、痛い、不安、この先どうなるのとういう恐怖、いろいろありますが、私にとっては人に見られることが一番つらいことでした。

     

    人にどう思われるのだろうか?

    可哀そうと同情されるのかな?

    きたない肌だなぁ。気持ち悪いと思われたら(実際すごかったのでそう思われても仕方がないのですが・・・)嫌だなぁ。と思う毎日で、ストレスがより肌荒れを酷くする原因にもなっていたかもしれません。

     

    実際、脱ステロイドによるリバウンド中には職場の人から、大丈夫?仕事休んだら?病院行ってるの? さまざまな言葉をかけてもらいました。心にグサッと刺さるひどいことも言われました。(言った本人は悪気はなかったのでしょうが、かなりの切れ味でした)

     

    しかし、脱ステロイドから10年以上経過した今、その職場の人たちと当時を話すと、

    『そんなに壮絶だった?』

    『大変そう。と思ったのは覚えてるけど、リバウンドってそんなにすごかったの?』

    『そんなことあったかなぁ?』

    毎日、私の変化を見ていてすべてを知っている人でも、当時のことはすっかり忘れているです。

     

    あの、壮絶な日々を覚えているのは私だけなのです。

     

    人はそれほど他人に興味がないんだぁ。と今となって実感しています。

    あの時、人に会いたくない、見られたくないと必死になっていたのは何だったのでしょうか?

     

    自分が思っているほど人は自分の容姿など見ていないのです。

    肌荒れの時は過剰に、見られているかも。と思ってしまいがちです。自分が気になっているのだから、きっと人も私の肌荒れを気にするだろうと。

    それは全くの自意識過剰です。

    人は自分自身のことには興味がありますが、他人の肌荒れに興味なんて1mmもないようです。

     

    他人の目を気にし過ぎてストレスを感じてしまうことや、外出を控えてしますことは肌には良くないことです。

    過度に意識する必要はありません。

    大丈夫、半年後に覚えているのは自分だけですから。

     

    人に見せたくない箇所別 便利アイテム

     

    そうは言っても、女性なら気になりますよね。

    隠せるものなら隠したい肌荒れ。

    でも、お化粧で隠すともっとひどい肌荒れになってしまったり、

    リバウンド中にはお化粧なんてとんでもないです。

    そこで私は肌荒れの時は一つアイテムをプラスすることで、隠すというよりも目立たせないようにしたり、逆に思いっきり目立つようにして開き直ったりしています。

     

    顔の肌荒れ

    1.めがね・・・目の周りの肌荒れのカモフラージュには定番。赤く腫れているときは、青いフチのめがねなど        すると気持ち肌荒れが目立たなくなる気がします。しかし、夏場は汗をかいて鼻にかかる部分        が痒くなることも考えられるのでシリコンがいいか、プラスチックがいいかなど検討が必要で        す。

     

    2.マスク・・・口周り、頬の肌荒れを隠す定番。本来の目的とは違う使用方法でしょうが、肌荒れを隠すため        に使用している人も多いはず。使うのは少し大きいかな?と思うぐらいのサイズがいいです。        ゴムの部分がきつかったりサイズが小さめなものは、患部にあたってしまって余計に悪化させ        てしまうかもしれません。またマスクの淵が頬にあたって肌荒れを起してしまいそうなとき         は、部分的にガーゼを当てることをお勧めします。マスクの淵は少し分厚く生地が重なってい        るため少し肌がこすれてしまう感じがします。肌荒れの原因になってしますかも知れませんの        で注意が必要です。

     

    3.大き目のピアス、イヤリング・・・どうして?と思われるかもしれませんが、意外と肌荒れから目をそらし         てくれるアイテムです。大きく目立つものが顔のどこかにあった時、人はそちらの方の記憶         が強くなり、ほかの部分は記憶として残らないものです。

     

    首の肌荒れ

    おしゃれなスカーフを巻く・・・ネックレス類は肌荒れの時はNGですよね。おしゃれなスカーフを巻いて患部を外敵刺激から守りつつ、他人の目から隠す。この時、スカーフはシルクがお勧めです。生地がザラザラしていたり、肌に刺激を与えるものでは痒くなったり、汗で蒸れたりしてしまいます。シルクは肌触りがよく、蒸れにくいので最適です。おしゃれをすることで気持ちも明るくなるとよりいいですよね。

     

    手荒れ

    手荒れには綿の手袋。私はいつも愛用しています。以前は手荒れを隠そう隠そうとばかりしていましたので、手袋をつけるなんて考えもしなったのですが、手袋を付けて堂々としている方が気持ちが楽になりました。手、どうしたの?と聞かれることはかなり多いですが、始めに書いたように一瞬興味を持たれるだけで、5分後には誰も私の手荒れについて興味はなくなります。手袋をして手が目立っている分、相手は聞かずには入れないでしょうが、ただの肌荒れとわかればそこで終わりなのです。自分が気にするほどそれ以上は聞かれないので、逆に目立たせるのもいいかもしれません。

     

     

     

     


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です